紅葉の小紋

2014.12.04 Thursday

0
    久しぶりに和服の記事です。今回は、手持ちの中でも特別な一着を披露しちゃいます。
    着物を始めたばかりの頃、リサイクル店で運命の出会いをした「愛いやつ」です。

    ↓この柄、何に見えますか? 私は紅葉と思っています。



    紅葉の小紋


    ちりめんの重くて厚い布地に、こんな柄が一面に染められています。
    実物は、もう少し黄味のつよい日本的な赤です。
    毎年、紅葉の季節に1回だけ着ることにしています。
    帯は、斬新なデザインと色使いの『京wakka』を合わせてます。


    それにしても和服の柄って、洋服以上に季節感が命なんですよね。
    この時期この柄を着てこそ「どーだぁぁ!」と威張れるけど、そこを外してしまうと最悪にカッコ悪い…
    昨年は機会を逃したものの、幸い今年はシーズン中に着ることができました♪

    ただし、この通りの鮮やかな色ですから……相当に目立ちます。着るのに勇気が要ります。
    一昨年には通りすがりの知らない女性から「遠吠え」された事件もありました。



    紅葉イラスト


    地元の大きな神社にお参りして(もちろん一人で)参道を歩いていたときのことです。
    約30メートルくらい離れたところを歩いているカップルがいました。
    その女性のほうが、恥ずかしげも無くギャンギャン吠えてました。


    「なんで赤なのよー!!!」「ねー、アレってお姫様ーーー!!?」

    ……はい、お姫様ですよ〜、何か悪い〜?

    もちろん無視しましたけど、こういう経験は着物愛好家の方なら大なり小なりあると思います。
    たとえお姫様の赤でも、貫禄のある赤なので年配になっても堂々と着るつもりです。
    あ、でも『京wakka』の帯はさすがにアウトですか(汗)

    年に1回の度胸試し。それが、この紅葉の小紋なのです。



    ランキングに参加してます。よろしければ↓クリックお願いします。​


    にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村  コミックエッセイ ブログランキングへ