近況&サイテス登録のこと

2017.08.13 Sunday

0

    皆様お元気でお過ごしですか。

    最初に、国内各地で台風被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

     

     

     

     

    前回の闘病記の更新後、平日週5日の病院清掃の仕事に加えてオフィスビルの夕方清掃も始めました。

    毎日8時間以上、立ち続けの歩き続け。

    特にこの季節の肉体労働は、暑さと湿気のせいでハンパなく過酷です。

    土曜日曜は情けなくも半日起き上がれません。

     

    私の体格は身長163センチ・体重53〜54kgが通常なのですが、仕事のせいで49kg代になってしまいました。

    9年前に抗がん剤治療で激しい嘔吐の副作用におそわれた時でさえ体重は51kgでしたから、これは危険水域ですね

     

    でも、無くなってほしいお腹周りのポッコリは全然そのままなんです(泣)なぜーーーー???

     

     

    トメ子、ただいまドッサリ換羽中♪

     

     

    もっと辛いのは、自由な時間も激減してしまったことです。

    家の建て替え計画が持ち上がった時から、

    「たぶん毎日外で働きづめの生活になるだろう、ブログも闘病記も難航するかもしれない」と恐れていましたが…

     

    その心配が当たってしまった、と思いたくないです。

    なんとか取り返そうとしているのに、ぜんぜん勝てない自分が悔しいです。

     

     

    仕事から帰ったら短い時間でも全力で愛情注ぎます。毛引きや病気は無いので助かってます。

     

     

    さて、泣き言はここまで。

     

    もう今年も8月まで過ぎてしまったんですね。

     

    思い出せばサイテス登録の手続きで始まった酉年・2017年。

    私は正月4日に自然環境研究センターに電話して3月13日付で登録票を交付されました。

     

     

     

    もともと仰向けポーズは苦でなかった息子。身長計測は楽勝でした。

     

     

    書類の作成は順調に進みましたが、息子を店から迎えたとき取っておいた領収書が引っかかりました。

     

    領収書は私の名前宛で収入印紙付き、サインは販売店にいたトリマーさん (店長ではない)、販売店の印鑑付きでしたが

    ・本社の代表者の名前と会社の印鑑がない(←これは大きな不備)

    ・販売店の代表者名がない(←やはり店長の名前が望ましい。当時の店長が不明であれば店の印鑑だけでも可だが)

    の2点を指摘されたので、元のペットショップに連絡して販売証明書をお願いすることになりました。

     

    そのとき対応に出た本社の社員が、初めに私に行った言葉

    「手放すつもりがないなら登録する必要ないんじゃないですか?」

     

    ……いるんですね、こういう勉強不足の業者が。

    インコ類に対する認識が浅いというか、でなければ自分の業務を増やしたくないのか。

     

    私は呆れた気持ちと怒りを抑えつつ

    「手放すことは全く考えていません。でも登録票がなければ自分に万一のことがあったとき鳥を動かすことができません」と返しました。

     

    で、心配になったんです。

    同じようなことを業者に言われて、真に受けて登録をやめてしまう飼い主さんがいたりしないだろうか?と。

     

    そんなケースがないことを祈ります。

     

     

     

     

    最後に、雑誌の紹介を。

    文一総合出版 月刊「BIRDER」2017年8月号 特集:インコ・オウム大事典

     

     

    特集の副題に「野生から学ぶーインコとオウムの本当の気持ち」とあるように、飼い鳥としてでなく野生としての彼らにアプローチした内容になっています。

    TSUBASAのセミナーで講演なさった西原さんもヨウム保護について寄稿なさっています。

    付録の「サシバとハチクマ! 秋の渡りスゴロク」、捕獲されたヘビやカエル、難に遭った鳥がいちいち「ウワーッ」と叫んでいるのが笑えます。

     

    今年の夏は梅雨が戻ったり40度近い酷暑だったり、ちょっと変ですね。

    どうそお体いたわって下さい。

     

     

    ランキングに参加しています。

    よろしければ下のバナー2つクリックお願いします。

     

    にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
    にほんブログ村


    オウムランキング

    続きを読む >>