【愚者の楽園】〜野生ヨウムの保全について

2016.12.28 Wednesday

0

    不要になった写真を噛みちぎる息子。

    普段はオカメ娘が近づくと怒るのですが、カミカミに夢中で気づきません。

     

     

    引越して1ヶ月が経過しました。

    だんだん自分の住む「巣」みたいな安心を新居に感じるようになってきました。

    狭い部屋でも便利なことが多いと気づいてきました。

     

    今回の記事は、去る11月19日に開かれた、TSUBASAの第11回セミナーに関する情報拡散と感想です。

    (講演全体を総括した内容ではありません)

     

    タイトル「愚者の楽園」については最後に申し上げます。

     

    今回は長文です。

    乏しい文章力でお恥ずかしい限りですが、最後までおつきあい下されば幸甚です。

    合間に、引越し準備で発掘した昔の作品や没ネームなど挟んでご紹介します。

     

     

    もし夜中にこんな怪鳥が空を飛んでいたら?

     

     

    最初に、私が野生ヨウムについて関心を持った話を申し上げます。

    2010年3月ごろ、初めてタワー型のパソコンを買ってネット接続したころでした。

     

    グーグルの検索で「ヨウム」と入力すると愛くるしいヨウムの画像が並ぶのに対し、英語の「african grey」で検索すると野生ヨウムの捕獲に関する画像が数点現れました。

    ヨウムが翼を乱暴に掴まれ、目を覆いたくなるような酷い仕打ちを受ける場面を見て、私はショックのあまりパソコンの電源を落として息子を膝に抱き寄せ、しばらく泣いていました。

     

    なぜ日本ではヨウムの密猟が取り上げられないのか?

    そう思いました。

     

    でも日本には「アフリカ〜ヨウム〜密猟」でつながる情報がありません。

    そうしているうちに月日が過ぎて行きました。

     

    そんなこともあって、セミナーに参加するにあたり「決して楽しい講演じゃない」と覚悟していたはずでしたが…

    密猟のせいで傷つき、死んだヨウムの無残な姿をスライドで見たとき、やっぱり耐えられなくてボロ泣きしました。

    私だけでなく、他の参加者さんも涙を隠せなかったようです。

     

     

     

    小説の挿画の勉強で描いた、泉鏡花「夜叉ヶ池」のワンシーン

     

     

    会場の壁には、野生ヨウムの現状をレポートしたリーフレットが展示されていました。

    特定非営利活動法人アフリカ日本協議会のHPにある「野生ヨウムの生息地 コンゴ共和国からのメッセージ」PDFファイルやjpgがダウンロードできます。

    http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/forest-elephant/

     

    なお、リーフレットについて注意点が1つ。

    裏面の最下段に小さな文字で著作権が表示され、複製禁止と書いてあります。

    例えば許可なく紙に印刷して人に配ったり、画像そのものをブログに貼ったり文章を引用したり、というのはいけないのですね。

     

    アフリカ日本協議会のフェイスブックもあります。

    https://www.facebook.com/Africa.Japan.Forum/

    11月27日付でTSUBASAのセミナーの様子が投稿されてます。

    12月17日付でヨウムに関するメディア報道などを見ることができます。上記のリーフレットのダウンロードもできるようです。

     

    当日の特別講演者の西原智昭さんのフェイスブックも勉強になります。

    2014年1月26日にヨウムやイルカなどに関する投稿をなさっています。

     

    ヨウムに限定せず、アフリカの熱帯雨林全体の最新情報を学ぶなら、こちらも是非。

    http://www.news-pj.net/news-all/nishihara
     

     

    幻の没ネーム。昔はこんな絵柄だったんですね。

     

     

    セミナーの感想ですが、ヨウムと暮らしている人間にとって大変心の痛む内容でした。

    特に辛かったのは、

     

    ・1羽のヨウムがペットショップで売られる過程で、100羽のヨウムが命を落としていること。

     

    ・海外の繁殖業者も、丈夫なヒナを「生産」するためにアフリカで捕獲された若いメスの野生ヨウムを購入している。

    人工繁殖で生まれたヨウムでも、そういった事情で何分の一かは野生の血が混じっていると考えられること。

     

    ……こういう場合あくまで冷静に、決して善悪や感情でモノを考えてはいけないのですが……ヨウムが可愛くて仕方ない人間には大変厳しい話です……

     

    1羽のヨウムと相思相愛で暮らす幸せの陰で、遠いアフリカの森で同じヨウムが命を奪われている事実。

    私が息子と出会うために犠牲になってしまったヨウムたちへの罪悪感。

    もしかしたら息子のお母さん・おばあちゃんは、あんな酷い目にあってアフリカから拉致されてきたのかもしれない。

     

    あのセミナー以来、自分の心は今も深く打ちのめされたままです。

     

    でも、だからこそ、自分ができることは何だろう?と真剣に問いかけ、目を逸らさず現状を見つめる。

    そういう力の源になる、とても有意義なセミナーだったと思います。

     

     


     

    また西原さんのお話では、日本では9箇所の動物園がヨウムを飼育しているけれど、前出のリーフレットの配布を承諾したのはたった1つだったそうです。

    断られた理由の中には「シリアスな情報はいらない。ショーの方が大事」というものがあったそうです。

    もしショーの中に野生ヨウム保全に関するストーリーを盛り込めば、教育として活用できるはずなのですが???

     

    以下は私の考えですが…

    動物園としては、可愛い動物の楽しいエンターテイメントで来園者の気分を盛り上げて、その勢いでお金をどんどん使ってもらう方が好ましく、本来の目的である野生動物の保護/研究/教育といった「シリアスな情報」のせいで来園者の消費マインドが冷えてしまうのを避けたいのではないでしょうか。

     

    確かに収益を上げることは大切ですが、野生動物の生きる厳しさを知る筈の動物園が、本来の仕事である情報発信を放棄したわけですから、もう最悪です。

    どんな理由であれ、リーフレットを断った動物園の志の低さに失望しました。

    冒頭に書いた、日本ではヨウムの密猟が取り上げられない理由の一つも、そこにあると思いました。

     

    見たくない情報、不利益をもたらす情報にはフタをする。

    もし見てしまってもサラリと「水に流す」、忘れる。

    こんな日本では、野生動物保護を浸透させることは程遠いでしょう。

     

     

    紙粘土で作ったトルソー。特にモデルは無くて作りました。私の顔にも全く似てません。

     

     

    最後に記事タイトルの「愚者の楽園」について申し上げます。

     

    ヨウムの話から少し離れます。

    昔たまたま見たNHKのテレビで1972年の沖縄返還についての特番をやっていて、当時の佐藤栄作首相の密使としてアメリカと交渉した国際政治学者・若泉敬が紹介されていました。

    若泉敬は、沖縄の痛みに無関心なまま平和を享受する日本の姿を指して「愚者の楽園」と表現したそうです。

     

    セミナーの間ずっと、この「楽園」という言葉が頭の中で渦巻いていました。

    そして今現在、自分の中での結論は、こんな感じです。

     

    私たちは誰もが、見知らぬ遠い誰かの痛みの上に立って生きている。

    その見知らぬ誰かは、米軍基地を抱える沖縄の人であったり、原発のそびえ立つ地域の人であったり。

    あるいはスーパーの冷蔵庫に肉塊になって並んでいるニワトリだったり、人間の医療開発で実験台にされる小動物だったり。

    そして、遠いアフリカの森に住む灰色の鳥だったりする。

     

    でも、あまりに広がりすぎた現代文明に生きる以上、世界の全ての痛みを知ることは至難に近い。

    私達の誰一人とて賢者になれる者はいない。本物の楽園は、もう存在しない。

    それでも私たちは小さなことから少しづつ学んで、愚者の名から解放されるよう努力しなければいけない。

     

    以上、拙い文ながら思いの丈を吐露させていただきました。

    最後まで閲覧いただき誠にありがとうございました。

    この記事が、微力でも野生ヨウムの保全の一助になれば幸いです。

     

    かなり重い内容でしたので、最後は鳥たちの画像で終わらせていただきます。

     

     

    これからお風呂入りま〜す。

     

    バシャバシャ〜♪

     

    発情を抑制するため、ときどき首飾りをさせます。引越しと同時に新調しました。

     

     

    ランキングに参加しています。

    よろしければ下のバナー2つクリックお願いします。

     

    にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
    にほんブログ村

     


    オウム ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    2017.08.13 Sunday

    0
      コメント
      今年もいよいよ年の瀬であります

      と、申しましても私は自営業である上に
      この時期は繁忙期なので
      ずっと仕事をしておりますが☆

      それはさておき

      重いテーマを丁寧な表現で
      書かれており、さわ子様の
      優しいお人柄がわかる記事でした

      「自分のところのヨウムは野生種では
       ないから関係ない」
      では済まされないのですね

      それを知らずに飼うことと
      知った上で飼うことはやはり
      違うような気がいたします・・・

      ところで、只今鳥インフルが
      猛威をふるっており
      あちらこちらの養鶏場で数十万羽単位での
      殺処分が実行されております

      ウチにも鶏が1羽おりますが
      喜んだり、怒ったりしますし
      玩具で楽しそうに遊んでおります

      これを見ていると
      鶏にもちゃんと魂があるのだなぁと
      感じます

      そう思う時、
      「命の重さ」とは何ぞや?
      とふと考えるのです

      養殖だから、どうせ食べられるモノだから
      殺処分した所でたいした問題ではない?
      希少種だから保護しなくてはならない?

      非常に乱暴な言い方で恐縮ではありますが
      「つまるところ、人間の自己満足だよね」
      と思ってしまいます

      犬、猫などのペットの殺処分をゼロに
      しよう・・・という動きもあります

      しかし、私は以前競馬の馬主をしている
      法人の担当をさせて頂いたことがあったの
      ですが、走れなくなった馬、怪我が治らない馬は
      「肉」と最後にメモ書きされておりました

      人間が食する馬肉になるのか
      家畜用の飼料になるのかはわかりませんが

      ごく一握りの栄光を掴む馬の陰には
      数百頭の処分された馬がいることを知り
      私は競馬はしておりません

      このような実体は決して報道もされませんし
      世間には伝わっていないことでしょう

      恐らく、「世間に知られていない人間のエゴ」
      というものは他にもたくさんあるでしょう

      さわ子様が書かれていたように
      この世の中は見知らぬ誰かの痛みの上で
      成り立っているものだと思います

      それを回避することは
      現代社会で生きる以上は不可能です

      我々に出来ることは
      例え自己満足であっても
      「よりマシな」ことが出来るように
      自らを律していくこと位でしょうが・・

      う〜ん
      段々と収集がつかなくなって参りました

      ともあれ、来年早々には
      いよいよ我が国でも
      ワシントン条約サイテス砧犁載を受けて
      ヨウムが希少種登録される見込みですね

      なるだけ早い時期に
      ウチのヨウムを登録させてやりたいと
      思っております

      長寿なヨウムのこと
      私の方が先に召される可能性も十分に
      ありますからね

      出来ることからコツコツと・・・ですね!

      • by 1号
      • 2016/12/29 9:49 AM
      1号さま

      貴重なコメントありがとうございました。
      私自身も今回ばかりは、何をどう書いたらいいか悩み抜いて書きました。
      ですので、1号さまにしっかり受け止めてもらえて本当に嬉しいです。

      天寿を全うされることを許されない競走馬、犬や猫、家畜の殺処分。
      命の重さって何だろう?
      私も、答えが見つかりません。
      もし万里ちゃんが人語を話せたら、どう答えてくれるでしょう。
      日頃から人間みたいなモカちゃんは、ものすごい激怒しそうですね。

      それと、希少動物の保護を定めたワシントン条約について感じたことですが、条約の本当の趣旨は「希少動物だから保護する」のでなくて「その動植物が絶滅してしまったら【人間の経済活動に困るから】保護する」のが目的のような気がするのです。

      例えば野生ヨウムなら、熱帯雨林の中で植物の種子を食べて森に種を散布する、森を豊かに保つ役目があります。
      そして森が豊かであれば、人間はより多くの木材を伐採できます。
      ヨウムがいれば人間が植林する手間が省けます。

      さらに(これは私個人の推測ですが)ヨウムそのものもペットとして高い需要がありますから、人工繁殖に必要な野生を守ることで、遠い将来再び有望な「商品」になり得ます。
      どんな理由であれ野生ヨウムを保護することは、人間経済にとって有益なのです。(私たちヨウム飼育者の心境に関係なく!)

      ワシントン条約といった大きな組織が行う希少動物の保護というのは、結局は家畜動物の殺処分と表裏一体で、とどのつまりは人間の自分勝手なのですね。

      ただ残念なことに、かくも偉そうに言っている私自身が、その大きなシステムの中で生きています。
      1号さまのおっしゃる通り、自らを律して「よりマシな」暮らしを心がけるしかありませんね。

      来年の登録に向けて、私も早めに書類の準備に取り掛かろうと思います。
      年末は環境庁のHPの熟読と、もうすこしで完成するはず?の闘病記#6に励む予定です。漫画の方も、どうぞよろしくお願いします。

      1号さまもお体ご自愛して、楽しい新年をお迎えください。
      それと、傷ついた小鳥を放っておけない心優しい2号さまにも、どうぞよろしくお伝えください。
      来年もよろしくお願いいたします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2016/12/29 2:46 PM
      引越し後、ようやく落ち着かれたようで、安心しました。
      私も一戸建てから狭いマンションに引っ越して、掃除とか諸々の便利さを実感しております^^。

      ヨウムさんの実態、とても胸が痛みますね。
      私だったら、とても辛くて直視できないです。
      よく正面から向き合われたと感心します。
      大型〜中型インコは特に高額で売れるため、利益しか考えていないのでしょう。
      1羽のヨウムが100羽分の命を背負っていると思うと、とても複雑な思いがしますね。
      最近ではブームに乗り、シロハラやウロコなど、昔見かけなかった鳥種が売られるようになりましたが、私はいつも、繁殖の際、どこかで無理が生じているのではないか、とよく考えることがありました。恐らく、ヨウムと同じ道をたどっていないとも限らないでしょう。
      こうなるのも、私たち需要側がペットを飼うから(求める人がいるから)、供給する側も儲かると知って、乱獲をしてしまう。そんな悪循環が生じているようにしか思えなくなりました。きっと消費者のエゴなんですね。でも、動物を愛するからこそ、一緒に生活したいって思うんですよね。選ばれた鳥さんは、本当に幸せだと思います。
      私たちに出来ること、といえば、もう不買運動をするしかない…という究極の選択しかできないようにも思えるのですが、その一方で、そういった救済活動をされる善良な団体も存在する…ということで、やはり応援していくしかないのでしょうね。

      貴重な情報ありがとうございました。
      さわ子さんの鳥さんたちは、とても幸せ者ですね。きっとその優しい気持ちを読み取って、期待に応えてあげたいと、心から思っていると思います。
      小さなセキセイでさえ、人間の気持ちを汲み取ってくれています。鳥さんはとても優しい生き物なんですよね!

      今年も色々あった中、更新ありがとうございます。
      また来年もさわ子さんにとって、飛ぶ鳥のごとく、飛躍する年であるように、心より祈っています。
      よいお年を(´▽`*)
      • by あとりえアクア
      • 2016/12/31 11:32 AM
      あとりえアクアさま

      コメントありがとうございます。
      こういう重たい内容にコメントいただけて、とても報われる思いです。

      それと、マンションへのお引越しお疲れ様でした!
      確かに狭い部屋というのも便利ですよね。掃除も楽ですし、必要なものが手の届く範囲にあるし、ヨウム息子がイタズラをしても即刻ストップできるので被害が少なくて済んでます。

      野生ヨウムの現状については、いつか必ず勉強しなければならないと思っていました。
      ただ現地アフリカの事情を顧みれば、ヨウムを捕獲して売ることで(リーフレットにある通り、国際ペット交易に売ったり、いわゆる「ブッシュミート」として日常の食用に売ることで)生活する人も事実存在するわけですから、残念ですが日本のような需要国側が鳥をペットとして飼わない選択をしても解決できない、大変根の深い問題のようです。
      そういった必要悪も全て踏まえた上で、サイテス1類の格上げを私は歓迎いたします。

      このお返事を書くにあたり、アクアさまのピーちゃんの記事を改めて拝見しましたが、セキセイのような小さな子でも立派な知性と魂があるんですよね。
      最近の鳥ブームの陰で、テレビ番組が大型インコや猛禽類などを取材するとき、まるで贅沢なオモチャや飾りのように扱うのみで、こういう厳しい現状や鳥の心までキチンと掘り下げないですよね。
      そういうマスコミや動物園など、意識の低い組織に負けないよう、私たち一人一人が草の根から情報発信していかないといけないですね。

      今年は私たちにとって、つくづく大波乱の年でしたよね(笑)
      あと数時間でトリ年がやってまいります。
      来年はぜひ、仕事運とご健康とご多幸いっぱいでお過ごし下さい。
      来年もよろしくお願いいたします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2016/12/31 2:51 PM
      さわ子様

      伝えて下さるセミナーの情報、さわ子様の感想じっくリ読ませていただきました。

      知らないことを知らないままでいる事を怖いなーって思いました。
      野生動物の保護を声高に主張される裏側で、目を背けたくなるような現実。
      ヨウムだけでなく多くの鳥達も悲しい現実に直面しているんですね。
      羽毛が暖かいからと喜ぶ人の裏側で、無理やり羽根をむしられる鳥がいる。
      厳しい現実が胸に迫ります。

      いろいろ教えていただいてありがとうございました。
      お引越しのお疲れがまだ癒えておられないでしょうに
      お体ご自愛ください。


      可愛いお写真ありがとうございます。
      我が家のクルミは元気いっぱいで、ネクトンのお水も
      『ジューチュおいしいネー』とか『お父さんお仕事』
      とか『お家かえろか』(自分のケージ)とか。
      朝は『おはよー』とカバーの中からおしゃべりしています。
      小さな体でいっぱい愛情をくれます。
      せめて我が家の子には毎日楽しく過ごしてくれればと
      思います。

      心が痛むことの多い一年でした。
      来る年はさわ子様ご家族にとって良い一年でありますようお祈りします。

      来年も宜しくお願い致します。
      • by tom
      • 2016/12/31 10:50 PM
      tomさま

      コメントありがとうございます!
      今回は大変厳しいテーマを取り上げましたので、コメントくださる方がいない、あるいはすごく怖いツッコミをされるのではと戦々恐々でした。
      ですので、こうしてご感想いただけるととても嬉しいです。

      クーちゃんの「ジューチュ」!!!
      あああ〜かわいい〜〜〜!!!!
      いま私は脳内でクーちゃんを3Dプリントして、なでなでしています。
      お母さんから毎日たっぷり愛情を注がれて育っているのが、すごく伝わって来ますね。

      tomさまのご家族もクーちゃんも、ご健康とご多幸に恵まれますようお祈り申し上げます。
      2017年もよろしくお願いいたします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2017/01/01 7:43 AM
      コメントする