闘病記「#03 ぼくヨタロウ」

2014.01.09 Thursday

0
    お待たせしました。全17ページの長編です。
    今回もスクロールがお手間と思いますが、どうぞ最後までお願いします。

    よろしければ過去の記事も合わせてご覧下さい。

    「#01」http://sawakoturuoka.jugem.jp/?day=20131104
    「#02」http://sawakoturuoka.jugem.jp/?day=20131121





    03010302030303040305030603070308030903100311031203130314031503160317



    最後まで閲覧していただきありがとうございました。

    小さな文字で目立ちませんが、広告の下の「comments」をクリックするとコメント記入欄がオープンします。
    よろしければ一言ご感想お願いします。とっても励みになります。


    次回は「#04 ある晴れた日に」です。
    公開できるのは…未定で申し訳ありませんが、ただいま鋭意制作中です。



    ランキングに参加しています。↓クリックお願いします。
     

    にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村
    にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへにほんブログ村
    コミックエッセイ ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    2017.05.20 Saturday

    0
      コメント
      こんにちは!はじめまして^^ もしかして一番乗りでしょうか。
      最初から、興味深く読ませていただいています。
      年齢は違いと思いますが、離婚したてホヤホヤ、子供2人、母と兄と同居、猫2匹と同居と、環境は異なります(汗)。
      でも、心の隙間と言うか、孤独感にはすごく共感します。

      また、オウムを飼ったことはありませんが
      ヨタロウくんを見ていると、なんでしょう、子供よりも
      猫との毎日がすごく思い出されます。

      もちろん鳥とケダモノですので全然違いますが、
      純粋だけど獰猛な一面も持つ動物との心の交流はすごく癒されます。
      それに、私が稼がねば!という気にもさせてくれますね。
      次回を楽しみにしています。がんばってくださいね!
      • by かんみかん
      • 2014/01/09 11:38 AM
      かんみかん さま

      コメントありがとうございます!
      最初から読んでいて下さってそうで、とても嬉しいです。

      かんみかん様が共感してくださった孤独感や心のスキマは、これから先の連載で、更に色濃く描いていくことになりそうです。

      それでも明るく楽しく、鳥たちが可愛いい作品を心がけますので、これからも応援よろしくお願いします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2014/01/09 12:27 PM
      はじめまして

      私もヨウ@コイネズミうヨウムをお迎えし、「ヨウちゃんのオカアサンなんだから頑張らなくちゃ、と鬱と人間不信から復活しました。
      とても共感しました。
      私がないていると甘えてくる、またはいつもはしないような悪さをして励ましてくれます。
      辛いことも鳥たちがいるから頑張れる!です。

      続きも楽しみにしています。
      • by ひろえ
      • 2014/01/09 5:45 PM
      ひろえ さま

      コメントありがとうございます!

      ひろえ様も、きっと大変なご苦労をなさったのですね。
      ヨウちゃんに出会えて頑張れるようになって、本当によかったですね。

      これからもよろしくお願いします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2014/01/09 5:57 PM
      初めまして。 皆様と同じように 私も さわこさんのブログ愛読者です。とっても 可愛い ヨタロウ君に トメちゃん。ぜひ ぜひ 本にして欲しいな〜(*^_^*) 私も去年の春にオカメちゃん2羽をお迎えしてから どっぷり鳥の魅力にハマり 秋にはコザクラを お迎えして、人間5人 鳥3羽と賑やかに暮らしております。後々にヨウムをお迎えしたいと思っております σ(^_^;) 鳥の魅力はヤバイですね…(笑) 鳥屋敷にならないように もうヨウム以外は飼うな〜と 止められております(T . T)
      ヨタロウ君に トメちゃんとの 日常を 見ながら
      お勉強させてもらいつつ 癒されてます。
      これからも 楽しみにしています。まだまだ寒い日が続いてますので 鳥さん共々 お身体に気をつけて下さいね (*^_^*)
      長文になり失礼しましたm(_ _)m
      • by えみ
      • 2014/01/09 11:18 PM
      えみ さま

      コメントありがとうございます!

      もともとヨウムは集団で生活するタイプの鳥なので、本当は私のような単身者より、えみ様のお家の環境のほうが好ましいかもしれません。
      いつか、えみ様と運命の出会いをするヨウムちゃんが現れるといいですね。

      これからもよろしくお願いします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2014/01/10 2:12 PM
      いつも楽しみに読ませていただいています。

      子供のころから動物好きで、インコや文鳥をずっと飼っていました。
      ヨウムさんにもとても関心がありますが、現在仕事で海外に滞在しており、移動も多いため、お迎えできない状態なので、ヨウム飼いさまのブログを見るのがとても楽しみです。

      今日の記事もさわこさんとヨタくんのつながりがとても温かく書かれていて気持ちがほっこりしました。

      続きも楽しみにしています。
      • by みずすまし
      • 2014/01/11 2:09 AM
      はじめまして。いつもブログを楽しみに見させて頂いています。
      さわ子さんの絵の感じや漫画の進み方がさわやかでとても好きです。
      鳥さん達もとっても可愛くて癒されますね。
      私は猫を飼っているので、ペットの家族にどれほど癒されるかよくわかります。人生になくてはならないですよね。
      また、人間関係や色々な事で大変で、孤独感、つらい感じもよくわかります。
      乳癌の治療は大変だったと思いますが、今は良くなられたようで本当によかったです。
      これからもお体を大切にしてください。
      ブログの更新をいつも楽しみに、応援しています。
      • by なおこ
      • 2014/01/11 2:25 AM
      みずすまし さま

      コメントありがとうございます!
      いつも読んで下さって、とてもうれしいです。

      みずすまし様は、今はお仕事で海外に滞在なさって、移動も多いそうですね。どうぞお体大切になさって下さい。

      これからも、読者さまのお気持ちが温かくなる作品を心がけます。
      どうぞよろしくお願いします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2014/01/11 8:14 AM
      なおこ さま

      コメントありがとうございます!
      鳥の絵には最も力を入れているので、可愛いとほめて下さると大変うれしいです。

      なおこ様は猫ちゃんを飼っていらっしゃるのですね。
      私も、鳥だけでなく猫も大好きです。
      道で出会うと、周囲に人が居ないのを確認して「にゃー」と声をかけますよ。ほとんど逃げられるか無視されますが…

      乳ガンのほうも、おかげさまで再発転移なく、本当によかったと思っています。
      これからも応援よろしくお願いします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2014/01/11 8:25 AM
      ヨウムの魅力が満載ですね!

      ”あ〜そうそう!!”と思ったり
      ”ヲタロウ君は繊細だな〜
       ウチの図太い女王様ヨウムとは違う”と思ったり
      (ウチのヨウムはお迎え時、いきなり大阪から
      金沢まで4時間の車移動させましたが
      それにも関わらず、ウチに到着するなり
      ガツガツと食事をして、
      平然と羽繕いをしておりました)

      やはり、鳥類全般の傾向として雌よりも雄の
      方が繊細で甘えん坊さんですね(笑)

      次回の更新を心待ちにしております!
      • by 1号
      • 2014/01/12 9:30 AM
      1号さま

      漫画ほめていただいてありがとうございます!

      大変失礼な想像で申し訳ないのですが、もしモカちゃんと愚息を対面させたら、間違いなく彼はモカちゃんの子分になると思います。
      とても勝ち目がありません。

      次回の漫画もよろしくお願いします。
      • by 鶴岡さわ子
      • 2014/01/12 10:16 AM
      コメントする